忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


トヨタFIFAクラブワールドカップ「浦和vsACミラン」~ヨーロッパサッカーを追い越せ
アジアチャンピオンになった浦和レッズは、トヨタFIFAクラブワールドカップに出場することになった。
準々決勝でセパハンを3-1で下した浦和が、2007年12月13日に強豪ACミラン(イタリア)と準決勝で対決することになった。

横浜国際総合競技場には約6万7000人の観衆が入りました。人気チーム同士の対決だからすごいお客さんの入りです。
夢の対決。どちらが勝つのだろうか?試合前からちょっとわくわくしました。

試合開始直後は、互い相手の持ち味を封じ込めるかのように守備を展開。トーナメント戦でよくみかける試合が展開される。徐々にACミランが中盤を支配する。浦和はカウンター気味の攻撃。

ACミランのパス回しの早さには正直おどろいた。Jリーグの試合ではああいうパスは見られない。ヨーロッパサッカーは本当にレベルが高い。

お互いが決定的な場面で決められず、前半は0-0で終える。浦和はなんとかアジアチャンピオンの意地を見せることができた。

後半も、前半と似たような展開。後半23分、ついに試合が動き出す。ACミランのセードルフがシュートを決めてACミランが先制する。ACミランは、個人技の高さで点を取った感じがする。そのまま0-1で終了。

浦和はACミランの技術、身体能力、判断スピードの格の違いを見せつけられた。浦和のボールキープ率は約40パーセント。スコアでは0-1だが、スコア以上の実力の差があった。

ヨーロッパのプロサッカーリーグに比べれば、Jリーグはまだまだ発展途上なのかもしれない。

これで3位決定戦に回るわけだが、ヨーロッパと南米の次にサッカーのレベルが高いのが、アジアであることを相手チームに見せつけてほしい。

以上。sakahiro
PR

トラックバック

トラックバックURL:

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字(絵文字)


お友達リンク
ランキングサイト
応援よろしくお願いします!

人気ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ
プロフィール
HN:
sakahiro
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1977/10/20
趣味:
サッカー観戦、インターネット、ゲーム
自己紹介:
茨城県出身です。36になりました。これからもがんばります。
サッカーチームは、J2水戸ホーリーホックがすき。
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
バーコード
カウンター
RSS
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス


はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策



PING送信プラス by SEO対策

アクセス解析