忍者ブログ

カテゴリー:その他のスポーツについて

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


北京オリンピック北島選手平泳ぎ100m、200mで金~本当にすごい
2008年8月14日に北島康介選手が、100mに続き200mでも金メダルを獲得しました。

北島選手の2冠はすごすぎです。アテネの「チョー気持ちいい」に続いて、今回の「何も言えねぇ」も流行語になりそうな気がします。

北島選手が、いい調子のときに北京オリンピックを迎えられたことと、ライバルのハンセンが逆に不調になってくれたことが連覇につながったと思います。北島選手、本当におめでとう。

以上。sakahiro
PR

この記事のコメントを書きたい
北京オリンピック開幕~日本人の活躍が見たい
2008年8月8日に北京オリンピックが開幕しました。開会式の演出がすごい。中国での開催なので、時差があまりなく、テレビ観戦するにはいいですね。

暑いなか、熱い戦いが繰り広げられることでしょう。日本代表選手はメダルをたくさん取れるようにがんばってもらいたい。

以上。sakahiro

この記事のコメントを書きたい
山本山の十両昇進~将来の横綱
2008年7月30日に日本相撲協会は番付編成会議を行い、新十両に体重232キロの山本山(24)の昇進を決定しました。

山本山という名前面白いですよね。みんなにすぐに覚えてもらえそう。232kgは史上最重量の新十両みたい。9月場所でどんな活躍をするのか楽しみです。

以上。sakahiro

この記事のコメントを書きたい
伊達公子さん現役復帰~日本女子テニス界をもっと盛り上げて!
女子テニスで活躍した伊達公子さん(37)が、テニスプレーヤーとして現役復帰することが分かった。2008年4月7日に記者会見する。

伊達さんは1996年に現役を引退し、12年ぶりの公式戦出場。

まずは全日本選手権に挑戦するみたい。若い選手の刺激になって、日本テニス界がもっと活性化すればいいですね。多くの人にチャレンジするということの大切さを教えてほしい。

伊達さんのライジングショットが、再び見られるのか。楽しみです。

以上。sakahiro

この記事のコメントを書きたい
名古屋国際女子マラソン~失速、それでもがんばって最後まで走ったQちゃん
2008年3月9日に北京五輪代表最終選考会の名古屋国際女子マラソンが行われました。そのマラソン大会に、Qちゃんこと高橋尚子選手も出場しました。

結果は2時間44分18秒で27位。9km手前で失速し、優勝争いから脱落してしまう。

Qちゃんは、過去にこの大会で2度優勝している。しかし、今回はこんな展開になるとは誰が予想しただろうか。多くの人はQちゃんに優勝。そして、北京オリンピックに出場して金メダルをとる。多くの人はそう思ったはず。しかし、この結果。残念の一言です。

ゴールしたあとに、観衆からあたたかい拍手をもらう。まだ、ロンドンオリンピックがあると言っていた人もいた。優勝はできなかったけれども、最後まで一生懸命走ったQちゃんに拍手を送りたい。

レース後会見の最初の一言が「あの~やっちゃいました」
明るく話をしていたのはびっくり、落ち込んでも不思議ではない。前向きなQちゃん大すき。右ひざを手術したことを明かしていました。

レース後のインタビューで、知らない間に前を見るとすき間が開いてるという状態になり、失速してしまった。レースに負けることが分かっていても、前に進む。肉離れのようになってしまったら、走るのを止めようとした。最後まであきらめずにゴールまでは行く。そして、最後に引退はしないとコメントしています。

最後まであきらめない。そして、夢に向かって進んでいく姿勢は、本当に素晴らしい。すきだからマラソンを続けていると、前に言っていました。すきなものに出会えてよかったですね。

私はQちゃんから人生山あり、谷ありということを教えてもらった。シドニーオリンピックでルーマニアのリディア・シモン選手とデットヒートの末、金メダル獲得。

そのあと、恩師の小出監督の元を離れ、チームQを結成する。しかし怪我に苦しむことになる。いろんな人から引退するんじゃないかと噂されることもあった。Qちゃん自身も、引退を考えようと思ったことがあったみたい。しかし、今でも夢に向かって前に進もうとしている。

今はQちゃんにとって谷なのかしれない。でも、怪我をなおしてQちゃんらしい力強い走りがもう一度見たい。2012年のロンドンオリンピックに向かってがんばれ!前向きで一生懸命なQちゃんだったらきっとできる!

今は苦しいとき。でも歯をくいしばって、もう一度ロンドンオリンピックに向かってがんばってみよう。みんな、Qちゃんのことをもっと応援してくれるはずです。日本中の人に元気を与えてほしい。

優勝はマラソン初挑戦の中村友梨香選手で、2時間25分51秒でした。北京オリンピック出場おめでとうございます。北京でもいい走りみせてください。高橋尚子さん、中村友梨香さん本当におつかれさまでし

以上。sakahiro

この記事のコメントを書きたい
日本男子テニス界にスターが誕生~錦織圭(にしこり.けい)くん
2008年2月17日、日本男子テニス界にスターが誕生しました。米フロリダ州のデルレービーチ国際選手権の男子シングルスで、錦織圭(にしこり.けい)選手がツアー初優勝。

日本男子のツアー優勝は松岡修造さん以来、16年ぶりだそうですね。松岡修造さんがテレビで「僕と錦織くんを比較しないでください」と言っていました。

日本男子テニス界を支えた松岡修造さんが、こんなことをいったと言うことにびっくりした。それだけ実力があるすごい選手だということ。

錦織圭選手は将来、グランドスラムでも優勝するかもしれない。そんなふうに感じる将来性のある選手だと思います。

以上。sakahiro

この記事のコメントを書きたい
3万2000人が参加したマラソン大会~東京マラソン2008
2008年2月17日に東京マラソンが行われました。3万2000人が参加したマラソン大会。今年で2回目の大会です。

出場希望の応募は約15万人もあったそうです。競争率は5倍。約12万人が走りたくても走れなかった計算になります。非常に話題性のあるマラソン大会だと思います。

コース説明
東京都庁からスタート。まずは東京ドームを通り、皇居の近くを走ります。
15km地点の品川で折り返し、銀座や日本橋を通り、浅草で再び折り返します。
築地市場の近くを通り、ゴールである東京ビックサイトを目指します。

いろいろな観光名所を通ります。全国各地から参加者が集まったみたいです。

東京マラソンには宮崎県で大人気の東国原知事や、キレるキャラで有名なカンニング竹山さんなど、有名人もたくさん参加しました。

有名人の中でタイムが一番よかったのが、猫ひろしさんの3時間48分57秒でした。来年は応募者がもっと増えそう。

以上。sakahiro

この記事のコメントを書きたい
ハンドボール北京五輪予選、やり直し試合~負けたけど、ハンドボールを知るきっかけになった
異例のやり直しとなったハンドボールの北京五輪アジア予選が、2008年1月29、30日に国立代々木競技場で行われた。中東勢が不参加を表明し、日本男女共に韓国と対戦。勝てば五輪出場権を獲得できる。

男子は接戦の末、韓国に25─28の小差で敗れた。女子も、韓国に21-34で敗れた。男女共に韓国が五輪出場権を獲得。

日本男子、女子はハンドボール最終予選に回ることになりました。

残念ながら男女共に負けてしまいましたが、

日本中の人にハンドボールというものがどんなものか知ってもらえたんじゃないかな。

ハンドボールが世界中にもっと広まっていけばいいですね。

前に書いたハンドボールの記事
「ハンドボール北京五輪予選やりなおし~公平なジャッジをしようよ!」の記事→http://mitosoccer.blog.shinobi.jp/Entry/34/

以上。sakahiro

この記事のコメントを書きたい
朝青龍復帰戦2008年初場所~日本人力士の存在がない!
横綱朝青龍が2008年初場所から相撲を取ることになった。3場所ぶりの出場。

朝青龍はけがで夏巡業不参加をしながら、モンゴルでサッカーをしていたので、2場所出場の停止処分を受けた。

朝青龍は苦しみながら、勝ち星を増やす。精神的に強くなった横綱白鵬も順調に勝ち続ける。

そして、横綱同士の勝敗が並んでの千秋楽決戦。
結果は、白鵬は豪快に朝青龍を投げ飛ばし、14勝1敗という成績で3場所連続6度目の優勝をした。

大いに盛り上がったと思う人が多いだろう。しかし、何か物足りないような気がする。

朝青龍、白鵬は共にモンゴル力士。最近、日本人力士の活躍を見ていない。前に、日本人力士が優勝したのはいつだったかなあ?記憶がない。

日本人力士もっとしっかりしてください!

日本人力士3大関の成績を見てみる。千代大海は途中休場し、0勝8敗7休というなさけない成績。琴光喜、魁皇は8勝7敗というはずかしい成績。こんな成績で大関なんですか。

茨城県出身の稀勢の里(きせのさと)が、10勝と二桁勝利したこと唯一良かったと思いました。

日本ではいろんなスポーツが盛んで、相撲力士になろうとする人が少ないのかもしれない。それでも、いつも外国人力士に優勝争いをさせているようでは、日本の相撲文化は廃れていってしまうのではないか?

今場所は、特に日本人としてのプライドを傷つけられたような気がしました。外国人の方ごめんなさい。

前に書いた朝青龍の記事
「朝青龍と亀田大毅問題~ダブル謝罪」の記事→http://mitosoccer.blog.shinobi.jp/Entry/11/

以上。sakahiro

この記事のコメントを書きたい
箱根駅伝2008(第84回)②~3校が途中棄権した理由は?
第84回箱根駅伝はハイレベルな戦いだったが、なんと3校も途中棄権してしまった。
なんで3校も棄権してしまったのか?

途中棄権した理由で、まず考えられるのが脱水症状によるもの。

フルマラソンは5キロごとに給水できる。しかし、箱根駅伝は15キロ地点の一回だけである。伝統にこだわるのもいいが、5キロごとに給水できるようにルール改正してみてはどうだろうか。

あと、監督も選手に試合前、十分な水分を取るように指導するなど体調管理に気をくばる。運営関係者は今後の給水方法について、改善策を話し合ってほしい。

あと選手一人ひとりの精神的プレッシャーによるものも考えられる。

一年間、一生懸命練習してがんばってきた。だからこそ失敗できない。たすきをつなぐために何が何でも走り切ろう。

そんな気持ちが焦りを生み、ハイペースになる。選手の体に負担がかかり、後半走れなくなる。

選手が体調を崩したり故障をしていても、箱根で走りたいと思っているため、指揮官はそれをなかなか止められないという理由もある。

場合によっては選手生命に影響があるため、今後は途中棄権校を出さないようにする事が今後の重要課題である。

以上。Sakahiro

この記事のコメントを書きたい
お友達リンク
ランキングサイト
応援よろしくお願いします!

人気ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ
プロフィール
HN:
sakahiro
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1977/10/20
趣味:
サッカー観戦、インターネット、ゲーム
自己紹介:
茨城県出身です。36になりました。これからもがんばります。
サッカーチームは、J2水戸ホーリーホックがすき。
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
バーコード
カウンター
RSS
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス


はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策



PING送信プラス by SEO対策

アクセス解析