忍者ブログ

カテゴリー:サッカーについて

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


我那覇選手のドーピング問題に決着~日本のサッカー界を背負う選手になってほしい
スポーツ仲裁裁判所(CAS)は2008年5月27日に、J1川崎FのFW 我那覇和樹選手(27)の訴えを認める裁定を下しました。

我那覇選手はJリーグから科されたドーピング禁止規定違反の処分取り消しを求めていた。

疑いがはれてよかったですね。気持ちがすっきりしないけれども、サッカーにうちこんでほしい。Jリーグ側はこの結果をふまえて反省が必要です。

以上。sakahiro
PR

この記事のコメントを書きたい
J1千葉217日ぶりの勝利、2008年J1第12節
J1千葉、やっと今季初勝利。千葉1-0京都。後半23分にMF工藤浩平選手が挙げた決勝点を守りきり、今季リーグ戦初勝利。217日ぶりの白星!突然の監督交代でアレックス・ミラー監督就任が決定していた後の試合。

試合終了後、ファンは「ジェフ!」と力強く応えた。217日の勝利はファンにとって待ち遠しかったはずです。

以上。sakahiro

この記事のコメントを書きたい
J2水戸社長が辞任~ファンとして本当に残念
J2の水戸ホーリーホックの宮田裕司社長は、2008年3月31日に水戸市内で記者会見し、昨年8月に飲酒運転したことを自ら公表し謝罪。その数日後に、警察には検挙されていないが、「けじめをつけたい」として辞任を表明した。

宮田社長によると昨年、クラブ関係者と水戸市内で飲酒した後、車を運転して帰宅したという。

飲酒運転は絶対にいけないことです。だけど、自責の念に駆られて公表したその気持ちは認めてあげたい。

ただ辞任するからには、後任を決めておいてくれないと現場、選手、サポーターが困ってしまいます。公表するならそこまで用意するべき。本当に残念です。

以上。sakahiro

この記事のコメントを書きたい
2008年Jリーグ開幕~みんなでもりあげていこう!
みんなが楽しみにしている、Jリーグがついに3月8日から始まりました。

2008年J1リーグの優勝争いは鹿島、浦和、G大阪の3チームが中心になると予想している人が多いみたいです。

しかし、第1節の試合は予想外の結果でした。G大阪は千葉と0-0で引き分け。浦和は横浜Mに0-1で負ける。この2チームはスタートダッシュに失敗してしまう。

鹿島は、去年J2リーグで優勝した札幌と対戦。4-0で勝利する。鹿島は順調なスタートを切ることが出来た。

J2リーグは前評判の高いチームが、順当に勝利をした感じがします。

今年のJリーグは今後どのようになっていくのか楽しみ。

以上。sakahiro

この記事のコメントを書きたい
2008年ゼロックススーパーカップ~カード12枚が出される荒れた試合
2008年3月1日にゼロックススーパーカップが行われました。

今回は、2007年Jリーグ王者鹿島アントラーズと、J2に降格したサンフレッチェ広島が戦いました。J2のチームが出るのはこの大会初らしいです。

前半終了は0-0。鹿島が後半4分、7分に得点を挙げ、鹿島が2点をリードする展開。しかし、不可解な判定から広島がPKを決め1点差にすると、後半40分にも得点を挙げ同点にする。

鹿島にとっては不運な失点が続く。後半が終了して2-2。延長戦は行わずPK戦により勝敗を決め、広島が優勝する。広島はゼロックススーパーカップ初優勝。

試合は見どころがたくさんあって面白かった。2点目の広島の佐藤寿人選手のヘディングシュートは特に素晴らしかった。 執念のゴールです。

試合後は鹿島サポーターが乱入するさわぎもありました。審判の判定に不満があるのはわかるのだが、マナーに反することをしてはいけない。

今後こういうことをしたら、しばらく観戦禁止にするなど厳しい罰則を設けなくてはいけないと思う。一生懸命プレーした選手に対しても失礼だ。

以上。sakahiro

この記事のコメントを書きたい
いばらきサッカーフェスティバル2008~J2水戸vsJ1鹿島
2008年2月24日にカシマスタジアムでJ2 の水戸ホーリーホックと、2007年Jリーグ王者鹿島アントラーズのサッカー対決がありました。

試合結果は3-0で鹿島の勝利。水戸ホーリーホックファンの私としてはがっかり。

まだまだJ1は遠いのかなあと思わせるような試合内容だった。パスミスが多かったように思う。新加入メンバーが多いので、連携がうまくとれていないのかな。

チャンスがなかなかつくれない。両サイドのカウンターという単純な形でしか、ゴールに近づけなかった。点が入る気配がまったくない。

鹿島はゼロックススーパーカップが控えているので、調整が早いのかもしれないが、チームの差が感じられた。

Jリーグ王者鹿島アントラーズ相手とはいえ、もっと全力で向かう気持ちを見せてほしい。技術面で劣っているのであれば、気持ちでチームの差を縮める。選手一人一人がもっと動いてボールを奪い、攻める時間を少しでも増やす。

試合後にもっと悔しがってほしかった。水戸サポーターの人は拍手をしていたけれど、内容的に良くなかったので、私は拍手をしなかった。





風が強くて寒いせいか、観客数は7012人。もう少しお客さんがきてほしい。

これで、いばらきサッカーフェスティバルの戦績は鹿島の4勝、水戸の0勝。水戸が鹿島に勝てる日が、1日でも早く来ることを祈っています。

写真たくさん取りました。






以上。sakahiro

この記事のコメントを書きたい
サッカー中国選手、中国サポーターに対しての私の意見~東アジア選手権
2008年2月20日に行われた東アジア選手権の日本vs中国戦について、一言言わせてもらいます。

中国の選手は日本の選手に対して、ラフプレーが多かった。日本の選手がかわいそうに思いました。

試合は日本が中国に1-0で勝ちました。日本に敗れた中国のサポーターは試合終了直後、日の丸の旗を燃やすなどして悔しがったそうです。ペットボトルなどがグラウンドに次々と投げ込まれました。

中国のサポーターのマナーの悪さにあきれてしまいました。今年中国の北京で、オリンピックが行われます。中国政府は少しでもモラルが向上するように、何か行動を起こしてほしい。

東アジア選手権は日本、韓国、中国、北朝鮮の4カ国が参加する大会。日本男子はこの大会で優勝できませんでしたが、日本女子は全勝優勝しました。

優勝おめでとうございます。テレビでもっと日本女子の優勝のことをとりあげてほしかった。

以上。sakahiro

この記事のコメントを書きたい
W杯アジア3次予選初戦~日本vsタイ
W杯アジア3次予選の初戦、日本vsタイ戦は、2008年2月6日埼玉スタジアムで行われました。

前半21分に、日本がJ1G大阪の遠藤選手のフリーキックで先制点を挙げる。

先制点をとって、さあこれからという時に、タイの選手のすばらしいミドルシュートで同点。日本がすぐ失点した時にはどうなる事かと思いましたが、終わって見れば4-1の快勝といえる結果。

タイは、明らかに引き分け狙いとも思える守りのサッカーでした。

W杯アジア3次予選だからだと思うが、観客数が少ないように感じた。

次のW杯アジア3次予選の試合は、3月26日にアウエーでバーレーンとの戦いです。

以上。sakahiro

この記事のコメントを書きたい
城彰二さん引退試合~ハットトリックの大活躍で幕を閉じる
元日本代表FW城彰二さん(32)の引退試合が、2008年1月27日に三ツ沢球技場で行われました。日本テレビでは2月2日、午後3:55~4:55にテレビ放送。

「横浜FCオールスターズ」―「JO DREAMS」の対戦。

城さんは前半、JO DREAMSでプレー。前半7分に得点を決める。これで1点目。

後半は、引退前に横浜FCにいたので、横浜FCオールスターズでプレー。後半40分、フリーの状態でボールを受けてキーパーと1対1。冷静に決めて1-1にする。これで2点目。

3点目は後半43分、芸術的なヘディングシュートを決めて2-1。すばらしいゴール。

そのまま試合終了。引退試合に3得点を決められるなんて、本当にすごいですね。

J1に上がる前に城さんのプレーを見たことがあるのですが、非常に勝負強い選手でした。引退試合は城選手のいいところが出たと思います。

みんなに祝福されて、城さんの引退試合は幕を閉じました。城さん本当におつかれさまでした。

以上。sakahiro

この記事のコメントを書きたい
オシム前監督が観戦した~日本vsボスニア・ヘルツェゴビナ
キリンチャレンジカップ日本vsボスニア・ヘルツェゴビナ戦は、2008年1月30日国立競技場で行われました。

ハンドボールの男子北京五輪アジア予選と同じ日に行われたため、お客さんの入りはいつもより少ない26972人がスタジアムに訪れました。

前半は今ひとつ。相手DFの高さに苦しみ、チャンスをつくるのに苦労した。

後半は相手チームの違いを見せつけた日本代表。J1川崎Fの中村選手、J1横浜Mの山瀬選手、J1神戸の大久保選手あたりは特に良かった。山瀬選手の2得点など3-0で快勝。

この試合で始めて山瀬選手のことを知りました。落ち着いてプレーするいい選手ですね。

日本代表は、サイドチェンジをうまく使っていたが、まだまだシュート意識が低いように思う。2月の始めのW杯アジア3次予選に向けて、もっと調整を行ってほしい。

オシム前監督が昨年11月に脳梗塞で倒れてから、初めて公の場に姿を見せる。日本vsボスニア・ヘルツェゴビナの試合をスタンドから観戦した。

右手に杖を持っていて少しやつれた姿をみせたが、そのうち元気な姿をみせてくれるでしょう。

出身のボスニア・ヘルツェゴビナが負けてしまったのは残念だけど、日本代表の充実したサッカーを見られて満足だったと思います。

前に書いたオシム前日本代表監督の記事
「オシム日本代表監督~脳こうそくで倒れる」の記事→http://mitosoccer.blog.shinobi.jp/Entry/8/

以上。sakahiro

この記事のコメントを書きたい
お友達リンク
ランキングサイト
応援よろしくお願いします!

人気ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ
プロフィール
HN:
sakahiro
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1977/10/20
趣味:
サッカー観戦、インターネット、ゲーム
自己紹介:
茨城県出身です。36になりました。これからもがんばります。
サッカーチームは、J2水戸ホーリーホックがすき。
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
バーコード
カウンター
RSS
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス


はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策



PING送信プラス by SEO対策

アクセス解析